月別アーカイブ: 2015年9月

田草川聡

2015.09.29 | 田草川

人生初の・・・

夏季休暇を利用して今年は、人生初!の『ヨーロッパ』に行ってまりました!

目的地は・・・

1

『ドイツ』 日本と同じ敗戦国に行ってまりました。

ドイツといえばこれ(パート1)

DSC05872[1]

『ビール』は数百種類あり、好み見つけるのに苦労しました。。

 

ドイツといえばこれ(パート2)

DSC05855[1]

DSC05856[1]

『ベルリンの壁』 未だに壁の一部が残ってます。

 

ドイツといえばこれ(パート3)

DSC05953[1]

『ノイシュヴァンシュタイン城』

シンデレラ城のモデルとなったとして知られております。

 

ドイツといえばこれ(パート4)

DSC05907[1]

DSC05921[1]

『ケルン大聖堂』 写真に収まりきらない、圧倒的な建物です。

 

ドイツといえばこれ(パート5)

DSC05929[1]

『サッカー』 ドイツVSポーランド の国際Aマッチを見てきました!

 

ドイツといえばこれ??

DSC05996[1]

野球文化が一切ないドイツで、元野球部の私と友人で2時間汗を流しました。

初ヨーロッパは、非常に充実した毎日を過ごせ

胸を張ってドイツに行ったよ!といえる場所をしっかりと観光できました。

今後はどこにいこうかなぁ・・・

 

浦口進太郎

2015.09.29 | 浦口

あなたの睡眠時間は何時間??

 

2014121818627

犬か猫かと聞かれたら、猫が好きな浦口です。

もう、夏らしい暑さが過ぎましたね。。。

私の大好きな冬が近づいてきました(^^)

 

さて、早速ですが

 

「あなたの睡眠時間は何時間ですか??」

私は基本的に睡眠時間は非常に短い人間です。

基本的にはですよ???

 

寝ろ!と言われれば、いつまででも寝れます。W

お仕事がある日ですと、私は3時間~5時間ぐらいの睡眠時間です。

休日のなーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーんにも、予定が無い時は。。。。

 

起きません。W

一度もです。W

 

今回はそんな睡眠について、気になる記事を見たので報告です(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

 

◆睡眠時間が6時間未満の人は「ショートスリーパー」と呼ぶらしいです。◆

性格は明るくて楽天的、自分を肯定する気持ちが強く、相当な自信家

失敗しても「ま、いいか」と軽く受け流し、悩みごとがあっても深く考えません。

意見や目標をはっきりと持っていて、せっかちに自分の道を切り開いていきます

活動的で、家にじっとしていると欲求不満がたまりがち。

社交が大好きなので、しょっちゅう人と会ったり、外に出かけたりしているでしょう

歴史上で有名な人物ではナポレオンやエジソンがこれにあたります。

ナポレオンは3時間、エジソンは4時間しか眠らなかったとされています

出典適度な睡眠時間知ってる?

 

◆睡眠時間が6~9時間の人は「バリュアブルスリーパー」。◆

一番効率の良い睡眠がとれているタイプであり、標準的

性格的にも、ショートスリーパーやロングスリーパーのような極端さがなく、バランスがとれています

寿命が最も長いのは、このゾーンの人たちであるそうです

出典睡眠時間が6時間以下の人は楽天的!? 眠りの長さでわかる性格診断 – ハピズム

 

◆睡眠時間が9時間以上の人は「ロングスリーパー」。◆

性格は消極的、現状を疑問視する気持ちが強く、なかなか安らげない

心配ごとがあると、そのことにかかりきりになり、時には押しつぶされてしまうことも。

人には非常に気を遣いますが、基本的に人付き合いが苦手で、

孤独を愛しています。世渡りはもちろん下手でしょう

物ごとはとことん突き詰めて考えるたち。

一般論や常識には興味がなく、独自の世界観を大切にしているはずです

歴史上で有名な人物ではアインシュタインがこれにあたります

 

【仕事の適正】

ショートスリーパーは社交的で人と話す事が大好きなので実業化や営業が得意な人に多い。第一線で活躍している企業のトップの人にはショートスリーパーが多いのです

バリュアブルスリーパーは、順応性を生かせば、何をしてもうまくいくはず。ただ、一番向いているのは平均的な会社員や地方公務員でしょう

ロングスリーパーは研究職や文章を書く仕事が向いているとされています。自分の考えをとことん追求するタイプですので、人と違う意見が求められる職業が向いているのです

出典睡眠時間の長さで性格が分かってしまう!睡眠時間は精神状態と関係 | お助け情報の森

 

だそうです。

仕事がある日はショートスリーパーで、休日はロングスリーパーの浦口でした。

 

 

北村望

2015.09.29 | みんなのグルメ

世界一美味いと噂の麻婆豆腐

こんにちは北村です。

先日、三鷹店のK島君が「日本一おいしい」という麻婆豆腐をこちらのブログで紹介していました。

先日年に1回の健康診断で三鷹に行く用事がありましたので行ってみました。

うっかり食べかけですが、
iPhone 005[1]
こちらです。

とっても本格的な味で、少しスパイシーです。
K島君と二人で大汗をかきながら頂きました。
iPhone 006[1]

夜は、本格的なお値段になるので少し敷居が高くなりますがお昼は優しいお値段で
本格的な味が楽しめます。

いつか夜も行ってみようと思います。

殖産 スタッフ

2015.09.27 | プライベート

福岡旅行へ

先日、初めて福岡に旅行に行きましたー!
2泊3日でしたが全然時間がたりません(T_T)

短いながらにいろいろ行きました。
その中で私が印象に残った観光を。

柳川の川下り 70分コース 1600円
こちら川下りと言っても、もともとお堀だったところなのでとても穏やか。
私が乗った舟は船頭さんが78歳の方でした。何十年のベテランかと思いきや定年から始めたそうです)゚0゚(
とても晴れて気持ちが良かったのですがおすすめは風のない曇りの日だとか。
いろいろ周りの説明をしてくれつつ、歌を歌ってくれたり♪
この船頭さんの歌と景色がとっても合っていて素敵でした(´∇`)
20150908_135258
そして舟を降りた後は、初めて食べましたが「うなぎのせいろ蒸し」。
有名みたいです。
最初から最後までアツアツ。
20150908141525_p

二見ヶ浦
こちら夕陽百選や日本の渚百選にも選ばれているところだそうで。
なんだかすごく素敵な場所で何時間でもいれそうな雰囲気でした。
夕陽がきれい場所なので見たかったですが天気と時間の都合がつかず残念!
みなさんにも一度見ていただきたい場所です。
20150907164156_p

水炊き いろは
この旅行でもつ鍋や屋台、ラーメンなどたくさん食べましたが一番美味しかったものはと聞かれると迷わず「水炊き!」と答えるほど美味しかったです。
私が行ったお店は「いろは」さん。
一番の有名店はおそらく「長野」さんなのですがこちら予約が取れず。。
次に名前のあがった「いろは」さんへ。予約していたからいいものの満席状態でした。
1人前4700円!!(゚ロ゚屮)屮と少々お高いですが美味しい!!スープをいっぱい飲んでしまいました。
最後の雑炊も既に満腹ですが頑張って食べたいほど美味しかったです。
20150908202133_p

早朝の飛行機で行き、レンタカーを借りてドライブして門司港、下関まで行ったり、お腹が減る間がないほどずっとおいしいものを食べていたり、本当に楽しい旅でした。
2泊3日では足りなくて食べたいものも全部食べることができなくて。
次回も是非あまり時間をあけず行けたらいいなo('∇')o
20150908174617_p

殖産 スタッフ

2015.09.26 | プライベート

才能発見

殖産のベストの甲斐田です。
 
餃子が名物のお店も多い吉祥寺。
 
仕事の帰りに、そうしたお店で生餃子を買って、家で焼いて食べること、ちょくちょくあります。
 
そんな中で、今までの人生で気付かなかった自分自身の新たな才能を発見しました。
 
私は…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
gyoza
 
餃子を焼くのが意外と上手い!
 
 
 
 
 
自身の不器用さを自覚しているので、毎回、高アベレージで餃子を美味しく焼ける自分にビックリ。
 
今回も、良い感じに焼き目が…。
 
将来、路頭に迷って、アルバイトをする羽目になったら、餃子の王将か満州で働こう(日高屋でも可)と思います\(^o^)/

平野健児

2015.09.25 | プライベート

ゴルフレッスン2

こんばんは\(^o^)/殖産の平野です\(^o^)/

さて、前回のレッスンのキーワード「べた足」

これをずっと練習してきて、なんとなくボールのつかまり方やタイミングが

合ってきた感じがします。

ただ先日、レッスンに行ったところ、私のクセようなものを指摘されました。

それは、バックスウィングの時に「フェースが開きやすい」との事。

私のイメージですと、フェースを開き気味にトップにもっていき、インパクト

でかぶせるように振っていく(フェースローテーション的な?)動きは

ミスショットはあるもののタイミグがあったときはすごく打感が良いイメージ

だったので、まさかこれを指摘されるとは思いませんでした。

師曰く

「フェースは常に目標へ向いていること」

だそうです。

つまり、フェースはややシャット(かぶせぎみ)にバックスウィングからトップに

あげていき、そのままインパクトを迎える。

これが、強くて正確なボールを作り上げるそうです。

いざ、実践!

スパン!

スパン!

スパン!

・・・・。

全部ひっかけです。

ただ、ボールがつかまっていることは確か。

今まで、フェース面自分で調整してきたのでしょうがないかも

しれませんが、これになれるにはまだまだ、修業が必要かも

しれませんね・・・。

10月に宇都宮でゴルフ合宿(業者さんとの恒例ゴルフ)がある

ので、それまでにはなんとかしないと・・・・・。

次回は宇都宮合宿の結果発表をさせていただきます。149

 

 

殖産 スタッフ

2015.09.23 | その他エリア

近所の鉄板焼き屋さん

こんにちは。

ここ数日、清々しいお天気ですね。

シルバーウィーク中は、充実した日々をお過し出来たのではないでしょうか?

先日、夏休みを頂いたのですが、あいにく天候に恵まれず(普段からの行いのせいでしょうか?)、

魅力のある情報・メディアがお届けできません(汗)。ですので、室内での美味しそうなメディアを

お伝えしようと思います。

昔からの友人と近所の鉄板焼きやさん(横浜うかい亭)に行ってきました。

123478

お店の雰囲気も良く、鉄板焼きをしてくれる方のお話とても魅力的でした。

女性同士のミーティングはお話が尽きず、2次会へと・・・楽しく、美味しいひとときでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

古川秋治

2015.09.22 | 古川

ホウ砂と洗濯のりでスライムを作る!

こんにちは。古川です。

子供の夏休みも終わりを迎える頃

「お父さん、スライム作るから薬局につれてって!」とお願いをされました。曰く、「ホウ砂」と「洗濯のり」があれば、本格的なスライムができるらしい。

そして、それを夏休みの自由研究にするとの事。

なかなかおもしろそうだということで、早速薬局に行き、人生初の「ホウ砂」と「洗濯のり」をゲット!

20150812_140426[1]

あとは、絵の具、割り箸、ストローを用意して

20150812_141702[1]

ホウ砂をお湯で溶かして

20150812_142224[1]

洗濯のりに絵の具をまぜて、ちょっとづつホウ砂を足していけば

結構いい感じでネバネバのスライムに!

20150812_145036[1]

子供のこういう遊びって、結構大人でも楽しめますよね (^o^)

と、子供の自由研究をブログに流用する古川でした(笑)

 

 

深瀬 孝

2015.09.21 | 深瀬

IMPULおめでとう

 

先日までの猛暑も忘れてしまいがちなこの頃です。。。

もう秋が目の前って感じですねぇ。。。

 

さて皆さん、今年の夏休みは楽しかったですか?

私メの心はレッドゾーンに!!

 

自分は「車」が好きで、たまに「富士スピードウェイ」に行って練習走行を見たりもしています。

そんな自分に、ある日大イベントがやってきました。

弊社の「荻窪店 伊藤君」の知り合いが、レーシングチームの取締役だと。。。

そのチーム名は、あの!あの!あの有名な・・・

 

星野 一義さんの「ホシノ インパル」(IMPUL)

 

そして8月に開催のスーパーGT3000(予選)に関係者席で招待してくれると(涙、涙、涙)

 

 

関係者席と言うよりもピット内で観戦っす。

スタート前の緊張感はハンパないです!

20150808_143954

レース前はこんな姿で。。。ミリ単位の微調整が勝負のカギだと!

車の価格は、なんと2億円!

しかも1台走らせるためには約30人のスタッフが動くとの事です。

おかげで「チーム ホシノ」は予選を通過して決勝に進めました!

20150808_114246

さぁ~男性の皆さん!

レースと言えば・・・

20150808_115314

ごゆっくりご覧ください~

 

 

 

 

 

 

荒川 和也

2015.09.20 | 荒川

水曜どうでしょうラストラン!ベトナム・ホーチミン・シティ行ってみたらこんなところだった!

こんにちは!吉祥寺店の荒川です!

国民的旅番組『水曜どうでしょう』の最終回の地として知る人も多いベトナムのホーチミン・シティ。一度は行ってみたいな~と思いつつもなかなか周りと意見が合わずに伸び伸びになっていたのでこの夏は意を決して一人旅してきました!

まず航空会社はベトナムエアライン!国際便にしては比較的小さめのこちらの飛行機。真っ青な色が印象的ですね!

IMG_3006[1][1][1][1]

大丈夫かな?と軽い不安もありましたが個人的には今まで乗った飛行機の中で一番良かったです!いつも飛行機に乗ると機内食とドリンクのタイミングがずれていて食べ終わった頃にドリンクが来る…というストレスがあったのですが、ほぼ同時と思えるタイミングで出てきました。

肝心の機内食のお味は…美味しい!エビと春雨?のサラダ、チャーハンとチキンのセットですがどちらもグッド!今までの機内食で一番満足かも!!

IMG_3002[1][1][1][1]

 

おいおよそ6時間のフライトを経てホーチミンのタンソンニャット国際空港に到着。(日本からの国際援助を受けて建築された空港で、日本ありがとうみたいなプレートがどこかにあるらしいです。)

ちなみに日本との時差が2時間(遅い)で時差ボケ等の心配は無いです。

そして今回泊まったホテルはこちら

IMG_3042[1][1][1][1] IMG_3007[1]

ホーチミンのメインストリート『ドンコイ通り』沿いにある『アジアンホテル』さんです。ビジネスホテルの少し広いぐらいの印象ですが所詮一人旅なのでノープロブレム。部屋も十分綺麗だし何より立地が最高(笑)

泊まった部屋は2階で真ん中右側がその部屋ですね。事前調べだとセーフティボックスが無いと言われていましたがある部屋を選んでくれたらしくラッキー!お風呂のお湯も問題なく熱いのが出て快適。ただ2階なので通りの騒音が気になる人は気になるかも…

ちなみにこの「ドンコイ通り」ですがわかりやすく日本の地名に例えると『六本木』です。滞在したホテルは東西南北が高級ブランドショップに囲まれたすごい立地。お部屋のベランダからはベルサーチが見えます。ここなら殖産のオシャレボーイ森◯主任も大満足!

話を戻して観光客としてはお隣のショッピングモールの5階に飲み物や食料品が買えるスーパーがあります。部屋飲み用のビールやばらまき用のお土産物が安価に手に入りありがたいことこの上なし。

到着した日は夜中だったのでその日はそのまま就寝してまずはホテルのビュッフェで朝食!ネットだと色々と書いてありましたが昼食時は地元の人で満席になる人気のお食事処でした。

IMG_3041[1][1][1][1] IMG_3008[1][1][1][1]

荒川は朝食少なめですがベトナムと言えばまずはフォー!初日は牛肉のフォーでしたが日替わりでチキンのフォーも出てきました。スープの寸胴には出汁を取る為の牛骨?などがゴロゴロと入っていてなんだか本格的。一口食べると…これは美味い!日本だとちょっと緑臭いというかそんな印象があったのですが、あっさりサラッと朝食でも問題なし!これが本場か!?と満足なスタート

 

3日間の自由行動の初日は1日ツアー、午前中は「メコン川クルーズ」

20人乗りぐらいの大きめの船に乗ってまずは川の中心にある小島へ移動します。水が茶色いですがガイドさんによるとメコン川には肥沃な大地の栄養が沢山入っているから濁っているんだそうです(ホントか!?)

P9130007[1]

島に到着するとまずははちみつ工場へ。アオザイのお姉さんが蜂の巣をひっぱり上げて見せてくれました。間近で見るとちょっと気持ち悪い…

次は南国らしく色々なフルーツを振る舞ってくれます。左上から順に「柿の仲間」「ドラゴンフルーツ」「パイナップル」「龍眼」「ランブータン」です。ランブータンを見ると大泉洋の「僕のお尻もランブータンみたいになってますよ~」のコメントが脳裏をよぎります。現地の人たちは真ん中にある塩と唐辛子を炒った物を付けて食べるそうです。スイカに塩をかけないのが信じられないと言っていた森◯主任もこれならきっと納得!

P9130017[1][1][1][1] P9130027[1][1][1][1]

次は小舟に乗り込んで川下り。小舟の前と後ろに現地の船頭さんが居て船を漕いでくれます。これがツアーのメインなんですがとんでもない数の観光客が…風情もへったくれもないな~と思いつつ10分ほどで終了。

P9130034[1][1][1][1]

昼食は素敵なレストランに移動して名物のエレファントフィッシュを頂きます。象の耳のように大きな魚なのでエレファントフィッシュだそうです。そのまま食べるわけではなく生春巻きの革に包んで頂きます。味は川魚らしくかなりタンパクな印象。

P9130046[1][1][1][1] P9130048[1][1][1][1]

昼食が終わるとホーチミン市内に戻って観光スポットをバスで一回り。途中で観光名所のベンタイン市場にも寄りましたがガイドさん曰く「スリとボッタクりが多いから気を付けて。食料品関係は賞味期限切れが多いから買わないほうがいい」と…。中に入ると東南アジアっぽい独特の匂いとゴチャッとした場所なので、東南アジア来たぜ!!と雰囲気を味わいたい人には良いと思います。物を買う場合は当然交渉するんですが日本人はかなりぼられるとの情報。現地の相場だとTシャツ一枚250円~500円(50,000VND~100,000VND)ぐらいとの事なのでご参考までに。

IMG_3084[1][1][1][1]

その後ホテルで1時間ほど小休止を挟んで夕食へ

IMG_3015[1][1][1][1] IMG_3013[1]

こちらもまた素敵なレストラン。ツアー詳細には地元でも人気の屋台村!(エアコンが無いのでご注意下さい)と書いてあったのでどんなところかと期待もしてたんですが、行ってみるとかなりしっかりしたレストランでした。ここではベトナム風お好み焼き「バインセオ」を中心としてベトナム料理をお腹いっぱい頂いて初日は終了。

 

2日目はベトナム戦争の爪あとが残るクチトンネル

P9140083[1] P9140086[1][1][1][1]

アメリカ軍と戦ったベトコンが使った全長240kmに及ぶ地下トンネルの一部が開放されていて当時の様子を伺い知ることができます。実際にトンネルに入る事も出来ますがかなり狭いので、身長180cm以上の人と足腰が悪い人は入らないことをオススメします。

現地ではジャングルの中に20m単位ぐらいで出口が有り、ここから出たり入ったりされたらそらたまらんわ~とアメリカ軍に負けなかった理由を思い知らされます。

P9140095[1] P9140109[1][1][1][1]

トンネルを歩いたりする他に当時の生活を感じられる施設見学や、ベトコンが主に食べていた『タピオカ芋』も食べられます。物資の乏しいベトコンはアメリカ軍が落とした不発弾を拾ってきて地雷を作ったりしていたそうです。

ちなみにこちらクチトンネルでは射撃場もありますのでジャングルの奥から銃声がバンバン聞こえて、まるで戦争当時のような臨場感を味わえます。

 

お昼にはホーチミン市内に戻ってガイドさんオススメのレストラン

春雨と野菜を炒めた物と名物エビのココナッツソース煮でビール✕2を頂きます。物価が安いと言われるベトナムですが観光客向けのレストランはそれなりの金額です。この昼食で2,000円ぐらい。日本で同じものを食べれば1.5倍~2倍ぐらいはするはずなので安いは安いですが…。味も美味しいのでこれはこれで有りです。

IMG_3026[1] IMG_3025[1][1][1][1]

 

昼食後はお土産物を色々と漁って気がつけば夜に、ホテル周辺をぶらぶらすると現在建築中の地下鉄の工事現場が有りました。ベトナムの交通事情はバイクが殆どで朝夕の通勤ラッシュはとんでもないことになります。改善のために道路整備やらなんやらとやっている中、でこの地下鉄建設が目玉で2020年に開業予定との事。日本人は知らない人が多いですがベトナムは日本最大のODA国で、この地下鉄建設にも清水建設などの日本企業が大きく携わってます。

IMG_3032[1][1][1][1]

そしてもう一つ偶然見つけたのがこちらの「ホーチミンおじさん像」

ミスター水曜どうでしょう鈴井貴之の「ほ~ちみが、ほ~ちみんか~」という伝説のダジャレが脳裏をよぎります。

IMG_3031[1][1][1][1]

 

ここまでの食事が観光客向けのレストランばかりだったので夕食は地元でもほんとに人気のチェーン店。その名も『フォー24』へ

IMG_3037[1][1][1][1] IMG_3036[1][1][1][1]

店頭写真の右側に29,000VNDという看板がありますが、なんと日本円に直すと約150円!安い!!!写真のフォー本体の他に小皿で「もやし・パクチー・ミント・唐辛子」などが出されて、お好みで味を変えます。これはほんとに美味しい!ホテルの朝食も十分美味しかったですがコストパフォーマンスを考えたらとんでもなくオススメです!日本に出来たら必ず通うだろうな~…などと思いつつ2日目は終了。

 

自由行動三日目は自分で歩いて市内観光

IMG_3066[1][1][1][1] IMG_3050[1]

ベトナムは東南アジアで雑多な印象を持たれている人も多いかもしれませんが、ホーチミンに関しては全くの誤解です!もともとフランスの植民地だったので市内はしっかり整備されていてめちゃめちゃキレイです。

日中は紫外線が強く南国らしい暑さに襲われますので歩道には日陰を作るために街路樹がたくさん植えられていて緑が多いです。あとベトナムはバイク大国なので歩道にバイクが入ってこないように(場所によっては)バイク止めのような物も有ります。観光スポットとしても当時の面影が残る西洋風の建物が無数にあり、散歩コースとしてもこの上なし!

 

というわけでまずはホテルから徒歩2分の「サイゴン大教会」

IMG_3044[1][1][1][1] IMG_3046[1][1][1][1]

絶好の記念撮影スポットなので早朝から観光客もちらほら…。そのお隣ではウェディングドレス姿のカップルが2組。どちらも結婚式用なのかプロのカメラマンに撮影してもらっていました。

 

続いてお向かいの「サイゴン中央郵便局」

IMG_3045[1]   P9130064[1][1][1][1]

こちらも観光スポットとして外せない建築物です。パリのオルセー美術館をモデルにした建物でアジアとは思えない建物。中は現在も郵便局として機能していますのでここから絵葉書を出してみたりと日中は観光客で溢れかえってます。

 

10分ぐらい歩いて「統一会堂」へ

IMG_3052[1][1][1][1] IMG_3065[1]

歴史の節々で外交の場として使われていた場所で、ベトナム戦争集結のスピーチもこちらで行われたそうです。壇上には恒例のホーチミンおじさんが。外には戦車や戦闘機も展示されています。

 

最後は南北統一の最終作戦となった「ホーチミン作戦記念館」

IMG_3069[1] IMG_3074[1][1][1][1]

こちらには戦時中に撃墜したアメリカ戦闘機の残骸が展示されていたり、中には作戦の概要を示したジオラマや当時使われた武器などが展示されています。ちなみにホーチミンには『戦争博物館』というのがあって観光客にはこちらがメインになります…が、展示内容がかなり激しくご飯が食べられなくなるとの前評判だったので自分はやめときました

と、ここまでで朝の8時ぐらいから寄り道しながら歩き出して3時間弱ぐらいでしょうか。太陽が昇ってくるに連れて気温もぐんぐん上昇。体力的に厳しくなってきますので、そんな時はこちら

IMG_3080[1][1][1][1] IMG_3081[1][1][1][1]

ベトナムコーヒーで一息!ご存知でしょうか?ベトナムはブラジルに次ぐコーヒ豆産出国第二位なんです。当然地元の人々もコーヒーを良く飲み、それにともなってこんなオシャレなカフェが日本でコンビニを探すより簡単に見つけられます。ドンコイ通り周辺はこんなオシャレなカフェで当たり前のようにティータイム。これなら殖産セレブとして名高い河◯さんも大満足!

カップの上にフィルターを置いて目の前でドリップ。自分は普通のアイスコーヒーですがよく言うベトナムコーヒーはかなり濃い渋目のコーヒーに練乳を入れたものだそうです。

 

一息ついたらもう一歩きして昼食はザ・ローカルフードの『バインミー』

IMG_3085[1][1][1][1]

簡単に言うとフランスパンのサンドイッチでその辺の路上で沢山売ってます。中身はパクチーなどの香草たっぷりだったり、北京ダック・焼豚など何でもあり。自分は肉が食べたかったので焼豚のにしました。こちらは25,000VND、日本円にして130円ぐらい。安い!!

実食してみると…美味い!!フランスパンなんですが日本のものより皮が柔らかく程よい口当たり。焼豚の味がパンに染みこんで非常にジューシー!なんで日本で売ってないんだよ!?SUBWAYで出したら絶対売れるよ!!と思いながらさくさく平らげました。

その後は余りそうなVNDを消費するために会社のみんなにお土産を買ったり市内をぶらぶら。最後の夕食は豪華なレストラン!と思ったんですがスコールで雨宿りしている時に見つけたディスプレイにやっつけられてつけ麺ならぬつけフォーを頂きました。

IMG_3089[1]

これもまた美味しい!石焼鍋の中には牛肉がたっぷり!もやしや香草をお好みでたっぷり入れてさくっと完食!普段スープなんかはほぼ残すんですがこちらはしっかり平らげました!ちなみにいいレストランで食べたので約140,000VNDで700円ぐらい。フォー24の後だと超高級です(笑)

 

いかんせん男の一人旅なので食べ物に偏りがちでしたが、ホーチミンは御飯も美味しい、物価が安い、町は清潔ということで女性グループやご家族の観光客も沢山いらっしゃいました。治安を気にされる方もいらっしゃいますが、ベトナム人はは早寝早起き(朝は6時から、夜は遅くて21時まで)らしく夜遅くまで飲み歩くこともないという健全な町ですのでノー・プロブレム!

水曜どうでしょうラストランから13年が経過して思った以上にホーチミンの町は発展していましたが、ご飯も美味しく1人でも十分に楽しめました!ちなみにバイクの混雑は健在で、ツアー途中には4人乗りなどの水曜どうでしょうファンにはたまらないシーンもまだまだ見られますよ!

ちょっとハマりそうなくらい楽しい4泊5日を過ごさせてもらいました!次はハノイで世界遺産見学だ!!

P9130059[1]